使いやすいキッチン

キッチン、お風呂、水周りをリフォームで長く使おう

日本の住宅は、外国と比べ割高で、かつ寿命もとても短いと言うことで長年批判されてきました。そうした傾向は治まったとは言い切れませんが、近年は状況に改善の兆しが見えてきたと言えます。

住宅リフォームは古くなってしまった家の居住年数を伸ばす、新築住宅よりも値段を抑えることも出来るということで最近は流行っています。

特にお風呂やキッチン等、水周りは一度手を入れるだけで生活が一気に快適になることが多いので、お勧めです。

キッチンの歴史
キッチンは調理施設として用いられる場所で、昔は火や水を使うことから風呂と隣接させることで効率化や事故の際の延焼を防ぐといった作りになっていたものです。

リフォームをするという際にも、水回りのメンテナンスや切り替えと同時に行う機会が多いことからまとめて工事をすることがよく見られます。今後は屋内の再配置などがより行いやすくなり、好きな場所に改築することもできるようになり自由度が増していくと予想されます。

キレイなキッチン

キッチンリフォームで電気代節約

古い家ですと、キッチンをリフォームすることによって月々の電気代を安く済ませることができるようになります。電気代というものは、最新のシステムであればあるほどかからないようになっています。

省エネというのが進んで、小さなパワーでいろいろなことができるシステムが開発されているからです。

省エネは家計にやさしいのはもちろんのこと、地球環境にもやさしい点で政府によって推奨もされています。キッチンを新しくするだけで経済的になりエコにもなるのでとても人気があります。

リフォームの概要
リフォームは住宅の内装や設備を新しく作り変えるため、老朽化の防止やインテリアの変化に役立ちます。

お風呂の改装は、浴室乾燥機やバスタブを新しくしてジャグジーをつけるなどのオプションが選べます。乾燥しやすいタイルを使用してカビの発生を防ぐ効果が得られます。

台所の場合はシステムキッチンが主流で、食洗機やIHクッキングヒーターや高機能浄水器の取り付けも選択出来ます。

最寄りの工務店で対応しているサービスです。

キッチンリフォーム後

風呂やキッチンの水回りのリフォーム

家のリフォームの歴史を見ても、特に風呂やキッチンについては今では簡単にできます。
それらの設備がユニット化されたりシステム化されて、丸ごとはめ込む形で完了してしまうようになっています。

特に水回りはカビたり、水漏れがあったりと、老朽化すると壊れて修理が必要になります。

将来的に、新築物件も積み木のようにパーツごとを組み合わせて家ができるようになり、リフォームはそれらのパーツの交換だけで終了することも考えられます。

風呂リフォームの実用性
風呂のリフォームで気を付けなければならないのは、出入り口の段差を無くす工夫が必要です。

浴室は、水が脱衣所に流れ込まないように、一段(15センチくらい)下がって造られています。お年寄りや足の悪い人にとっては、15センチといえども越えにくいもので、簡単な改善策として、脱衣所の床の高さにそろえてスノコを敷くことです。

より安全で美観もよく、掃除が楽にできるようにするには、床自体のレベルをそろえることです。この場合は、水の流れる方向を出入り口と反対に勾配をつけ、かつ出入り口のドアのきわにも排水溝を造ることです。